VOICE

AYAメイトからのメッセージ

AYAメイトって?

AYA世代のがんの啓発サポーターを、「AYAメイト」と呼んでいます。

AYAメイトは、職業も、年齢も、国籍も、性別も、関係なく
さまざまな立場の人たちがいます。関わり方も、ひとそれぞれ。

まずは知ること。そのアクションを起こしたら、あなたもAYAメイトの一員です。

知ろう、一緒に。

鈴木 敬浩

鈴木 敬浩

  • スポーツ
  • ダーツ
  • 舌がん
  • 白血病
  • 骨肉腫
  • 笑顔

2人に1人は「がん」になると言われておりますが、
自分がなると想像しながら生きている人はいないと思います。
しかし、「がん」は突然、自分の身や近しい人に発生し、若い世代でも発生してしまいます。

私は若くして「がん」を発症してしまいましたが、
その時は自分の将来がどうなるのか、また今後どのような治療が待ち受けているのか
などがわからずに不安で不安でたまりませんでした。

今回のAYA weekで「がん」というのはどういうものなのか、
「がん」になっても普通に働き、元気に毎日過ごすことができるということを
知ってほしいなと思います。

とじる
橋本 明佳

橋本 明佳

  • 学生
  • 栄養学
  • お菓子が大好き

今までAYA世代のがんについて知りませんでしたが、大学研究室を通じてこの活動に参加するようになりました。私が「がん」の存在を意識したのは、高校2年生で父が胃癌になったときでした。当時反抗期だった私は父になんと声をかけていいのか接し方が分からず、父がいなくなってしまうのではないかと、不安を感じた事を覚えています。自分と同世代のAYAがん患者の方の支援を考える本団体には、AYAがん患者の方やご家族、医療者、研究者、企業の方、一般の方など様々なバックグラウンドを持つ人たちがいます。環境や立場の違う方々とがんについて考える中で、自分と同世代のAYAがんのことにも目を向けて、抱えている問題をできるだけ多くの方々へ知っていただき、一緒に考える機会をつくることを通して支援ができるのではないか、と思うようになりました。

来年3月のAYA weekでは、大学での学び「食物」を生かした学生企画を準備しています。様々な方と連携協力をしながら今回の企画を考えました。境遇の違う人とコミュニケーションを取る事で刺激を受けたり、純粋に楽しく、自分だけでなく家族や友達など大切な人の為に食生活を考える会にしたい、大学生として少しでも力になれることはないかと考えています。

今回は日本女子大学と石川県立看護大学の方々とも連携して石川県の金沢の食材なども紹介する予定です。

是非、観に来てください。

とじる
加藤 那津

加藤 那津

  • 患者現在進行形
  • くま好き
  • 屋久島中毒
  • 旅人

私はAYA世代で乳がんの告知を受け、その後再発や転移を経験し今はステージ4でがん治療をしながら暮らしています。

私自身が最初に乳がんを告知された時、再発した時、まだAYAという言葉を耳にすることはありませんでした。周りにはAYA世代の仲間がおらず孤独でした。だから、その後AYA世代の患者会を立ち上げました。やっとAYA世代の仲間に出会えました。一人じゃないって思えてとても嬉しかったです。それからAYA世代の患者さんたちが「一人じゃない」と思ってもらえるよう活動を続けています。

ただ、活動を続けていくうちにステージ4になり気付いたことがあります。それはAYA世代でも取り残されている人たちがいること。AYA世代で注目されるのは治った人、治っていく人ばかりです。治った先の未来について、将来について話されることが多いです。でもいわゆる治らないステージ4の人たちは注目されることもなく、取り残されている存在だと感じます。だから、私は取り残される存在のAYA世代ステージ4の患者さんたちが孤独にならないための活動を続けていきたいと思っています。皆さんも忘れられがちなAYA世代ステージ4の患者さんに目を向けてください。

とじる
多田 雄真

多田 雄真

  • 医師
  • 自然・歴史旅
  • 料理
  • AYA世代サポートチーム
  • デジモノ好き

私は大阪でがん治療医 (血液内科・造血幹細胞移植) として働きながら、
AYA世代サポートチームとしても院内や地域で活動しています。

同じAYA世代の医療従事者として、主治医と違う角度から治療や暮らしに
寄り添い、少しでも治療に専念できるような環境づくりができるよう
日々取り組んでいます。

AYA世代は仕事もプライベートも過渡期にあると感じます。
同世代でがんを罹患している患者さんは、学業や仕事の続け方、
妊娠や出産に対する選択など様々な苦労を経験されています。
私がAYA世代支援で心掛けていることは“つなぐ”ことです。

AYA世代ならではの課題に対して、
社会保障制度や妊孕性温存、ピアサポートなどの情報をつなぐこと。
そして患者さんと主治医・看護師の間だけでなく、ご家族、がん治療医と
がん生殖医療医、時には医療機関や地域の行政、支援団体など、
人や場所をつないでいくことが非常に重要だと考えています。

AYA week 2021がAYA世代のがん経験者や医療従事者だけでなく、
がんと接点のなかった皆さんもAYA世代のがんについて
知って、色々な情報や人とつながるいい機会になればと考えます。

いろいろなイベントに参加させていただいていますので、
ぜひみなさんも積極的にご参加いただければ幸いです。

とじる